緊急反応

世界各地で、毎日のようにテロや化学物質を用いた事件が繰り返される現代において、どのような状況においても現場で適切な対処する準備ができていることが重要です。事件や事故に対応する際、不明な化学物質を現場ですぐに特定することは、現場で重要な決定を下す際には必要不可欠です。HAPSITE ER化学物質検知システムは、工場で使用する有害物質、有害廃棄物、農薬や化学剤を含む揮発性有機化合物(VOC)を、現場で数分以内に検出、特定、定量することができます。特に厳しい状況に耐えるために設計されたHAPSITE ERは、唯一のポータブルガスクロマトグラフィ(GC/MS)であり、世界中の緊急対応チームにより使用されている代表的な存在です。

緊急時、ガスのリーク、化学物質の漏洩や放出、また影響の範囲等にかかわらず、緊急対応チームは状況を管理するために正確な初期評価が安全に行われていると自信を持つ必要があり、また未知の環境では、安全基準に則した機器は、公共の健康や安全に影響を関わる重大な決定を下す際、必要な情報をまとめるためには不可欠です。メタンを含む現場の揮発性有機化合物(TVOC)総量の検出と評価を行うには、安全なポータブルMicroFID IIフレームイオン化検出を使用することができます。


MicroFID IIフレームイオン化検出

 

安全な現場のVOCおよびメタン検出。さらに詳しく.


HAPSITE ER化学物質検知システム

 

事故対応のための現場の確認分析さらに詳しく

  • bayan escort